家具のことならマルキン家具 | 大阪・マルキン家具のおすすめインテリア情報ブログ

TEL:06-6641-0467 ■ CONTACT

  • マルキンブログ
  • google+
  • youtube
  • LINE
  • Instagram
おすすめ家具の情報ブログ

九州の家具工場を見学

2013年4月18日 カテゴリー:家具メーカー・工場紹介

先日、福岡県で無垢材を使用した国産家具メーカーさんの工場見学にいってきました。

サイズオーダーなどを快く受けていただける頼もしいメーカーさんです。
当店でも人気のある家具が作られている様子をご紹介します。

  1. 意外におしゃれな(…ゴメンナサイ)工場の扉
    壁面も木材を張ってました、手作りとの事です。木へのこだわりと工場への愛着を感じますね。

    1.jpg

  2. 積まれた木材 主に北米産の材を使用してます。
    木材の山がいくつもあってびっくりしました。

    2.jpg

  3. 出番を待っている木材達
    下から アルダー ウォルナット ブラックチェリーです。

    3.jpg

  4. まずは、既定のサイズにカットしていきます。
    4.jpg
    5.jpg

  5. その後、4面を研磨します。

    6.jpg

  6. 天板に使用する板を接ぐ(はぐ)為に、組み合わせを考えていきます。
    簡単そうですが、木目を読んで組み合わせる事によって、
    できる限り反りを防ぐ事ができるそうです。…奥が深い!

    7.jpg

  7. 接着剤を塗り、圧力をかけて固定します。
    接着材はホルムアルデヒド対応の安心の4スターのものです。

    8.jpg

  8. タフトダイニングテーブルの天板。種類が違う木材をはぎ合わせるのは難しいと言われてます。

    9.jpg

  9. チェアの背のカーブをつけるための機械です。

    10.jpg

  10. チェアの脚を加工しているところ

    11.jpg

  11. 穴あけの機械で穴をあけます。

    12.jpg
    13.jpg

  12. 穴の空いた材を研磨していきます。
    丹念に研磨する事で滑らかになります。

    14.jpg

  13. ボンドをつけて組立ていきます。ベットフレームの背の部分です。
    どの職人さんも手付に無駄がなく、きびきびして素敵でした。

    15.jpg

  14. 天板にオイルを塗布し、乾かしています。

    16.jpg

  15. 先ほどとは別のベットを仮組しています。今回はダブルサイズなので、中に支柱が入ってます。
    手を抜かない心意気を感じます。

    17.jpg

  16. 出来あがった商品は1点ずつ丁寧に梱包し、発送されます。
    お客様のもとに届くまであと少しです!

    18.jpg

工場は、見たことのない大きな機械がならんでいて、たくさんの職人さん達が作業をしていました。
最初の板から、見覚えのある形をしたパーツになり、そのパーツを組み立てるまでを見学する事が出来てとても興味深かったです。

以上、九州の工場見学のご紹介でした。
いかがでしたでしょうか?

今後も色々なメーカーさんが実際にどのように家具をつくっているのか
ご紹介していきたいと思います。

The following two tabs change content below.
マルキン家具 スタッフ

マルキン家具 スタッフ

株式会社 マルキン家具 〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-11-3 (グーグルマップで見る 営業時間:10:00~19:00(定休日:水曜日) 電話番号:06-6641-0467 / ファックス番号:06-6641-4706 Email:net@marukinkagu.net マルキン家具ホームページはこちら / オンラインショップはこちら