家具のことならマルキン家具 | 大阪・マルキン家具のおすすめインテリア情報ブログ

TEL:06-6641-0467 ■ CONTACT

  • マルキンブログ
  • google+
  • youtube
  • LINE
  • Instagram
おすすめ家具の情報ブログ

人気の日本製チェアメーカーの工場見学

2013年4月28日 カテゴリー:家具メーカー・工場紹介

当店でも人気の国産チェアメーカーさんの工場見学にいってきました。

椅子が作られている様子をご紹介します。

  1. 九州最大の河川である筑後川沿いに工場があります。
    約20名の椅子作りのプロが毎日椅子を作っています。

  2. 積まれた木材 主に北米産の材を使用してます。

    2.jpg

  3. 機械の奥に見えるのが治具。型紙のようなものです。

    3.jpg

  4. 治具に沿って1点ずつ切り出しています。

    3.jpg

  5. 上の画像では、板が反っていますが、その後、4面を研磨していきます。

    6.jpg

  6. 4面を研磨し整えられたパーツ。

    3.jpg
    3.jpg

  7. 右から、ウォルナット材 ブラックチェリー材  レッドオーク材 アルダー材です。
      塗装前では、だいぶイメージと違いました。

    7.jpg

  8. 次は組立?と思いきや、さらに細かく研磨していきます。

    08.jpg
    9.jpg

  9. 前のローラがついているのが、研磨機です。

    10.jpg
    11.jpg

  10. 木ダボにボンドを塗布して、組み立てしていきます。
    職人さんの早い手さばきにカメラが追い付きませんでした…

    012.jpg

  11. 組立てられたアルコチェア。
    座面以外の主なパーツをこの段階で組上げます。

    012.jpg

  12. つづいて仕上げの段階。下塗りをします。

    012.jpg

  13. 仕上げの塗装。

    012.jpg

  14. フレームと背・座を組立ます。

    012.jpg

  15. 1脚づつ丁寧に梱包していきます。

    021.jpg

  16. 出荷を待つ椅子。

    022.jpg

広い工場内には大きな機械が沢山ありました。
丁度、休憩中の工場内はとても静かで、
担当の方に作業工程を丁寧に説明していただきながら、
工場内をぐるりと回りました。

途中、休憩が終わると、工場の機械が一斉に動き出しました。
機械に近寄ると、職人さんが気さくに挨拶をしてくれます。

何段階も研磨の工程を経て、仮組みが終わった椅子は
見なれたアルコチェアでした。
その後も塗装、背と座の取付け…1点1点丁寧に作られていました。

梱包されて、ようやく完成!
何人もの職人さんによって作られているのを目の当たりにすると
見なれた外箱がいつもと違って見えました。

The following two tabs change content below.
マルキン家具 スタッフ

マルキン家具 スタッフ

株式会社 マルキン家具 〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-11-3 (グーグルマップで見る 営業時間:10:00~19:00(定休日:水曜日) 電話番号:06-6641-0467 / ファックス番号:06-6641-4706 Email:net@marukinkagu.net マルキン家具ホームページはこちら / オンラインショップはこちら