家具のことならマルキン家具 | 大阪・マルキン家具のおすすめインテリア情報ブログ

TEL:06-6641-0467 ■ CONTACT

  • マルキンブログ
  • google+
  • youtube
  • LINE
  • Instagram
おすすめ家具の情報ブログ

豆皿セレクト展プラス 『夏の食卓を彩る豆皿とグラス』


てのひらに乗る小皿(豆皿)を通して日本の伝統工芸の奥深さ・多様さや和食器の「匠・粋・趣・純」を表現する 豆皿セレクト展のご案内

てのひらに乗る小皿(豆皿)を通して日本の伝統工芸の奥深さ・多様さや和食器の「匠・粋・趣・純」を表現する 2011年に始まったプロジェクト「豆皿1000」 その中から特徴あるものを500種類1500品を厳選してラインナップして展示いたします。

豆皿セレクト展概要

  • 開催期間:8月6日(土)~8月21日(日) 水曜日と 8月15日・16日はお休みとなります。
  • 開催場所:マルキン家具 1階
一昨々年、読売新聞(→コチラから確認できます) 一昨年、産経新聞(→コチラから確認できます)、 をはじめとする様々なメディアに取り上げられ大好評のイベントを今年も開催します。今年の特別企画として,新潟三条市のチタングラスや江戸切子、スキガラスのグラスを集めた mamezaraプラスも企画。
夏の晩酌を小粋に楽しみませんか? 皆様のお越しを心よりお待ちしております。

豆皿とは

豆皿とは、大きさ6センチ~10センチ程度の小皿のこと。薬味やお漬け物、おかずをちょこっと盛って並べたり、その小ささから用途も多く、食卓を楽しく彩ります。


豆皿のあるくらし お漬物を豆皿に盛り付けて、おうちでカフェめし気分

豆皿のあるくらし 

お漬物を豆皿に盛りつけて添えるだけで、小さなお皿が食卓のアクセントに。
気軽におうちでカフェめし気分を楽しめます。

豆皿のあるくらし 並べて使っても楽しいです。
豆皿のあるくらし 

おかずを小分けにして、豆皿を並べて使うと料亭の雰囲気に。
高さのある小鉢に加えてお皿に高低差を出すと、引きしまって見えます。

豆皿のあるくらし お茶菓子に使っても便利なお皿です。
豆皿のあるくらし 

小さなお皿なので、お茶菓子をひとつだけ載せてもぐっと絵になります。

素材や形、色合い 様々の豆皿を集めた セレクト展です。

「豆皿1000」プロジェクトでは、豆皿は日本各地の工房や作家さんが作成した豆皿を集め、全国各産地の伝統工芸・作家の手仕事の多様さを豆皿を通して気軽に楽しんでいただけます。
2011年に始まったプロジェクト「豆皿1000」 その中から特徴あるものを500種類1500品を厳選してラインナップして展示いたします。

2015年豆皿展
2015年豆皿展風景

壁一面に豆皿がならび、1点1点手にとってご覧いただけます。

2015年豆皿展
2015年豆皿展風景

今年の見どころ 豆皿プラス企画は 『タンブラー』

江戸切子の伝統工芸士大友健司さんのガラスの器や新潟三条市のチタングラスなど、夏の食卓がさらににぎわうアイテムを揃えました。

大友健司さんのガラスの器
大友健司さんのガラスの器

江戸切子の伝統工芸士が1点1点つくった器。繊細なガラスの世界が楽しめます。

純チタン製二重タンブラー
純チタン製二重タンブラー

チタンはイオン化せず無味無臭で、飲み物全てを美味しくまろやかに演出します。
新潟三条市で作られたタンブラーです。

*********************************************************************
(株)マルキン家具〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-11-3

TEL:06-6641-0467 FAX:06-6641-4706
Email:net@marukinkagu.net※営業時間: 10:00~19:00
※水曜日はお休みを頂いております。

The following two tabs change content below.
マルキン家具 スタッフ
株式会社 マルキン家具 〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-11-3 (グーグルマップで見る 営業時間:10:00~19:00(定休日:水曜日) 電話番号:06-6641-0467 / ファックス番号:06-6641-4706 Email:net@marukinkagu.net マルキン家具ホームページはこちら / オンラインショップはこちら