家具のことならマルキン家具 | 大阪・マルキン家具のおすすめインテリア情報ブログ

TEL:06-6641-0467 ■ CONTACT

  • マルキンブログ
  • google+
  • youtube
  • LINE
  • Instagram
おすすめ家具の情報ブログ

人間工学にもとづく良い椅子の選び方


座るという動作について 我々日本人は楽な行為だと考えていますが、実は

   「下半身は楽だが上半身は疲れる」

行為だそうで、 作業は立ってする方が 楽で 効率的だと実証されています。
最近 欧米のオフィスや学校では立ったまま仕事ができるデスクが当たり前になっています。
日本でも楽天が全社員分、昇降式デスクに替えたのが 昨年ニュースになりました。

無垢天板 サイズオーダー可能な昇降デスク

座っている時、上半身は疲れる。作業は立ってする方が楽。

ということは 座る時に上半身は立っている時と同じ姿勢を保てることが理想の状態になります。

そして よく言われるように同じ姿勢で座り続けるのでなく、
定期的に身体を動かしながら様々な姿勢で座ることが大切です。

良い椅子の条件

上半身が立っている状態で維持できる椅子とは

・腰をささえてくれる椅子 : 背もたれの腰ベルトの位置に支えがある

・奥行きが深くなく、奥までしっかり座れる
深く座って腰の位置に背もたれがあれば 背や肩に背もたれがなくてもよい。

・骨盤を前でささえ、背中のS字がきれいにでる。力を入れてなくてもお腹がでてる姿勢。
※背面がタテ線の椅子は?
タテの木部が腰にフィットしていればOKです。木部が細いと腰にあたらないことが多いので
注意が必要です。
高山ウッドワークなどの椅子は タテ線の腰にあたるところが太くなっていて
きちんと腰にフィットしますし、見た目もきれいに作られています。

               高山ウッドワークス W552 チェア

 

・ひざ下を圧迫しない椅子。座った時 かかとが浮く、足がつかない椅子はNG。
目安はひざ下に手が入るくらいの余裕があればよい。

ただ実際に椅子を選ぶ時は
「大きい人に合わせる」のが良いと思われます。

身体が相対的に小さく、しっかり座れていない人は
「かかとのあるスリッパを履く」「クッションを腰において奥行きを調整する」など工夫して
サイズを調整してみてはいかがでしょうか。

 

良い姿勢とは・・

万歳して 口をあけた姿勢

だそうです。
のけぞったような 偉そうな姿勢の方が頭の位置が後ろになるので肩は楽になります。
作業中はつい前のめりになりがちですが、前のめりだと頭が前にでてるので ボーリングの球を
常に前で支えているぐらいの負荷がかかっています。

人は元々サル
人はお尻から出ている骨が基準になり、本来ソフトボール4個で座りを支えられます。
なので 低反発のように 全てを耐圧分散するのは かえってよくありません。
支えるべきところを支えず、不要なところを支えてしまうからです。
(ただし病気の人にはよいそうです)
悪い椅子の例
旧型の新幹線や飛行機の椅子 リクライニングしますが背座が連動しないので、
お尻が前にズレやすくなります。そうすると深く座れず、腰に負担がかかります。
(リクライニングする座椅子も同様のことが言えます)

対策としては少し倒して 雑誌かタオルを腰に当てる、リクライニングをする時は太もも下に
雑誌など入れて すきまを調整するのが良いと思われます。

 

肘つきの椅子

アームの高さが大切になります。ふつに腕をおろして肘があたる高さにアームがあるのがベストです。
アーム付チェアのメリットとしては、
体重を腕でも支えてくれるので身体の負担を軽減してくれる
立ちあがるのにアームをもてるので 楽に立てる 等があります。
本を読む時なども 肘があると楽ですが この場合は背・肘が一体型のチェアがよいでしょう。

                 日進木工  WOC-131

 

まとめ

良い椅子とは  上半身が立っている状態(背中のS字がきれいにでる)で座れる椅子

具体的には
・腰をささえてくれる椅子 : 背もたれの腰ベルトの位置に支えがある

・奥行きが深くなく、奥までしっかり座れる椅子

・ひざ下を圧迫しない椅子

良い姿勢とは、 万歳して 口をあけた姿勢 

 

2013年4月に当店で開催した「人間工学にもとづく椅子の座り方」セミナー(講師:心石拓男社長)
の内容を元にまとめました。

 

The following two tabs change content below.
代表 金谷光憲

代表 金谷光憲

株式会社 マルキン家具 〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-11-3 (グーグルマップで見る 営業時間:10:00~19:00(定休日:水曜日) 電話番号:06-6641-0467 / ファックス番号:06-6641-4706 Email:net@marukinkagu.net マルキン家具ホームページはこちら / オンラインショップはこちら