家具のことならマルキン家具 | 大阪・マルキン家具のおすすめインテリア情報ブログ

TEL:06-6641-0467 ■ CONTACT

  • マルキンブログ
  • google+
  • youtube
  • LINE
  • Instagram
おすすめ家具の情報ブログ

マルキン家具スタッフの日常

タイ 家具・雑貨フェア ~VOICE FROM THAILAND~ in淀屋橋 12/9(金)~17(土)開催します

~ タイのモノの声をお届けします ~     手仕事の暖かみを感じさせるも 洗練されたデザイン性を持ち、独自の風合いを持つ一方で様々な 外国文化の香りが入り混じる。 そんなタイのモノ達は特有の存在感をもって私たちを魅了します。 バンコクを訪れると、アジア各国をかじめ 欧米や中東など世界中の人種が入り混じる、 世界でも有数の国際都市であることに驚かされます。 長い間タイは独自の伝…

十津川手作りイベント『十津川村の杉で「スギボックス」を作ろう』 ご参加ありがとうございました。

まちデコール期間中のイベント『十津川村の杉で「スギボックス」を作ろう』 連休中の9日10日に開催し、無事終了いたしました。 十津川村の方の指導の元、お子様にもご参加いただき、 杉の板材を組み合わせて電動工具でくみ上げる本格的なDIY体験のイベントとなりました。 ご参加いただきありがとうございました。 十津川村の杉ボックスイベント 1日目 十津川村の杉ボックスイベント 1日目 十津川村の杉ボックスイ…

本日よりはじまります! まちデコール2016 奈良県十津川村 「TOTUKAWA LIVING」 

大阪のまちから「暮らす楽しみ」のアイデアを発信するイベント「まちデコール2016 恋するインテリア」 1週間ほどのイベントが本日よりはじまります。 奈良県十津川村産の杉や桧でつくられた TOTUKAWA LIVING シリーズ20点ほどをマルキン家具1Fに展示しております。 昨日と一昨日はTOTUKAWA LIVINGのデザイナー岩倉榮利先生にもお越し頂き、製材所や家具メーカーも村内にない 文字通…

残り2日! KLIPPAN ウールブランケット新作フェア開催中です。

9月も残り数えるほどとなり、 朝晩は涼しく感じる日も多くなりました。 開始直後は、残暑の名残を強く感じましたが、 気温の低い日が続くと、KLIPPANのウールアイテムを手に取られるお客様もたくさん 見受けられました。 安心安全なエコラムウールを使用した温かいウールブランケットとストールは、 肌寒く感じるこれからの季節にオススメのアイテムです。 サイズの大きなスローとブランケットはお部屋の中で、 ス…

豆皿セレクト展 「夏を涼やかに食する」 11日目

無事明日で最終日を迎える豆皿セレクト展「夏を涼やかに食する」 本日紹介する作家さんは、白磁の器が涼しげな大道宏美さんです。 透き通るような白磁の器 店頭の告知にも使わせていただいた大道宏美さんの器。透き通るような白さと水玉が、爽やかさを感じます。 手に持つとしっとりとした触り心地で温かみも感じる繊細な器です。 花器 豆皿の他にお茶セット用の器もありセットで揃えてみてはいかがでしょう。 豆皿 雨 放…

豆皿セレクト展 「夏を涼やかに食する」 9日目

豆皿セレクト展 「夏を涼やかに食する」 夏季休業明けの本日も沢山のお客様にご来店いただきました。 本日からマルキン家具は通常通り営業しております。 まだまだ紹介しきれていない豆皿作家さんも多くいらっしゃる中、豆皿展も残りあと4日となりました。 今回ご紹介する作家さんは、木本康太郎さんと星川あすかさんです。 木本康太郎さんのやわらかな色合いの豆皿 練り込み酒肴皿 絶妙な色合いのモノトーンがかわいいの…

豆皿セレクト展 「夏を涼やかに食する」 7日目

豆皿セレクト展 「夏を涼やかに食する」 本日で7日目を迎えました。 今回は豆皿作家さんの紹介に加え、マルキンスタッフのオススメの豆皿を紹介します。 お互いの選ぶ豆皿に興味津津、カメラを向ける度に笑い声が響くマルキンスタッフ。 はたしてマルキンスタッフはどのような器を選ぶのでしょうか? 育てる器 野田里美さんの銀花小皿 銀花小皿 角 野田里美さんの銀彩の器。淡い銀の光沢がなんとも美しいです。銀食器や…

豆皿セレクト展 「夏を涼やかに食する」 6日目

第4回豆皿セレクト展「夏を涼やかに食する」も6日目を迎えました。 今回ご紹介する作家さんは陶芸家の青木浩二さんです。 ゆるやかなフォルムと美しい色使い 鎌倉の工房で手作りされています。 手ひねりで作られたゆるやかなフォルムと美しい色合いの作品は、その美しい色合いで、食卓を明るく、色味を豊かにしてくれます。 豆皿と片口小鉢 柔らかい手触り、1点1点のフォルムの違い、釉薬の色むらの深い味わいで見ていて…

豆皿セレクト展 「夏を涼やかに食する」 4日目

てのひらに乗る豆皿を通して日本の伝統工芸の奥深さ・多様さや和食器の「匠・粋・趣・純」を表現する「豆皿1000セレクト展」 今回ご紹介する豆皿は、林理子さんの豆皿です。 ボーダーやドット・花モチーフの可愛い豆皿 カラフルな普段使いの器を中心に作成されている林さんの作品。ご来店いただいた女性のお客様に大人気です。 可憐な花モチーフ 乙女心をくすぐる可憐な花モチーフの豆皿。色違いで揃えたくなる可愛い豆皿…

豆皿セレクト展 「夏を涼やかに食する」 3日目

土日はたくさんのお客様にご来店いただきまして本当にありがとうございました。 毎日暑い日が続きますが、涼しさを感じる江戸切子のタンブラーをご紹介いたします。 ガラスの表面にカットを入れる文様が美しい切子。 今回の豆皿セレクト展では、東京都認定伝統工芸士の大友健司の江戸切子を実際に手にとってご覧いただけます。 ガラスに彫り込まれた江戸切子の美しい輝き 鮮やかな色被せクリスタルガラスに下絵を描くことなく…