家具のことならマルキン家具 | 大阪・マルキン家具のおすすめインテリア情報ブログ

TEL:06-6641-0467 ■ CONTACT

  • マルキンブログ
  • google+
  • youtube
  • LINE
  • Instagram
おすすめ家具の情報ブログ

木部のオイルメンテナンス方法について

2017年11月4日 カテゴリー:マルキン家具のニュース&イベント情報
前回の10/21(土)に木部のオイルメンテナンスを開催した際のレポートです。

今回は、約1年前に展示をしたローテーブルを使い、木部へのオイルメンテナンスを中心に行いました。
ご参加いただいた皆様からどんどんと質問が飛び交う、活発な会になりました。

まず、凹み傷に布巾を置き、霧吹きで水をかけ、アイロンを当てました。
凹み傷の場合、繊維が押しつぶされて凹んでいるので、その繊維を膨らまし、浮き上がらせる効果があります。
(古い傷や、引っかいたり削られた場合は、この方法を取っても効果が得られません。)

そして、このことで、木部表面が毛羽立ちます。
そこで、木工用のサンドペーパーで木目に沿って削っていきました。
お薦めは#320か#400のペーパーです。

この時、毛羽立った箇所だけでなく、一面全体をまんべんなく軽く削っていって下さい。
一部分のみ削るだけでは、その箇所によりオイルが染み込み、濃くなってしまうからです。
全体を削った後に、乾いた布巾で木くずを綺麗に拭きとります。

画像の向かって上側の天板パーツを全てペーパーで削ったので、白っぽくなっている様子が分かると思います。

ここまで木部を整えることができると、次はようやく塗りの作業にはいります。
綺麗な布巾にオイルを付けて、木目に沿って延ばすようにオイルを塗ります。


木がぐんぐんオイルを吸っていきました。
画像から、色がとても変化したことがご覧いただけると思います。

全体に塗った後は、乾いた布巾で表面に残った余分なオイルを拭き取っていきます。
その後、丸1日乾燥をするのが理想ですが、どうしても難しい場合は最低3時間程は使用を控えてください。

特に傷や凹みが無い場合は、アイロンやペーパーでの削りの作業は割愛し、
埃等を布巾でぬぐっていただいてから、オイルを塗っていく作業から入ってもらえればと思います。

このように、定期的に木部メンテナンスを行うことで、
より家具も生き生きとしてまいりますし、家具への愛着も大きくなり、
長くご愛用いただけることかと思います。

ぜひお持ちの家具にも生命力を与えてあげてくださいませ。

The following two tabs change content below.
マルキン家具 スタッフ
株式会社 マルキン家具 〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-11-3 (グーグルマップで見る 営業時間:10:00~19:00(定休日:水曜日) 電話番号:06-6641-0467 / ファックス番号:06-6641-4706 Email:net@marukinkagu.net マルキン家具ホームページはこちら / オンラインショップはこちら