家具のことならマルキン家具 | 大阪・マルキン家具のおすすめインテリア情報ブログ

TEL:06-6641-0467 ■ CONTACT

  • マルキンブログ
  • google+
  • youtube
  • LINE
  • Instagram
おすすめ家具の情報ブログ

ダイニングテーブルと椅子の最適な高さの測り方

テーブルと椅子を選ぶ際、何を基準に選ばれていますか?

見た目だけで選んでしまうと「何となくしっくりこない…」「合ってないかも…」という
悲しい事態を招いてしまうことも。

簡単には買い替えをしないものなので、今日はマルキン流「失敗しない選び方」
ご紹介いたします!

テーブルと椅子の座面の高さの差

テーブルと椅子の高さのバランスを考える上で、知っておくと良いのが
「差尺」という数値。
差尺とは、テーブルの天板の高さと椅子の座面の高さの差のことなのです。

求め方は ↓↓

差尺(cm)={(身長×0.55)÷3}-2~3

※最後の「-2~3cm」というのは、読書や食事など…のんびり寛ぎたいときにお使いください。
 書きものやパソコン作業などをする場合は、マイナスはしないで差尺を多めに取ると
 作業がしやすいと言われています。

※個人の好みもありますので、あくまで目安としてお使いくださいね!

上の写真の例でいえば、身長163cmのスタッフだと{(163×0.55)÷3}= 29.8…
最後の-2~3cmは目安になるので、27~30センチ前後が理想的な差尺ということになります。
写真だと、差尺は27cmになります。

テーブルと椅子の座面の高さの差が小さすぎると…

↑ 極端な例:20cmだとこんな感じ。
  ものすごーく窮屈です!

テーブルと椅子の座面の高さの差がが大きすぎると…

↑ 極端な例:34cmだとこんな感じ。
  余裕があり過ぎてとても違和感!

テーブル幕板にも気を付けて!

↑ 差尺26cmでそんなに違和感はないハズなのに、幕板があることで
  脚を組むのが少し辛い…。

脚を組むのが好きな方、脚を組む癖のある方は、テーブル選びの際に少し気にして
選んでみてくださいね。 

最後に…

ご家族で体型が大きく異なる場合、背の高い方を基準に家具を決めるのが基本です。
小さいお子様がおられる場合には、大人に合わせる…
何故なら、家具は低くしてしまうと元には戻せないからです。
テーブルが高い場合には、椅子に座布団を敷いたりして対応してくださいね。

また、お尻と座面の前面とで高低差のある場合も座布団が大活躍ですよ!

The following two tabs change content below.
マルキン家具 藤田

マルキン家具 藤田

株式会社 マルキン家具 〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-11-3 (グーグルマップで見る 営業時間:10:00~19:00(定休日:水曜日) 電話番号:06-6641-0467 / ファックス番号:06-6641-4706 Email:net@marukinkagu.net マルキン家具ホームページはこちら / オンラインショップはこちら
マルキン家具 藤田

最新記事 by マルキン家具 藤田 (全て見る)